石巻魚市場の紹介



石巻漁港(いしのまきぎょこう)は、宮城県石巻市魚町にある特定第3種漁港である。
水揚げ岸壁の長さ(1,200m)と魚市場の上屋根の長さ(652m)はいずれも日本一の長さを誇り、水揚げ量、水揚げ高ともに日本有数の大漁港である。
1974(昭和49)年の開港以前は旧北上川河口(内港:石巻市川口町付近)に漁港設備があった。
このため、現港(外港)は、それと区別するため「石巻新漁港」と称される場合がある。
旧北上川・内海橋が架かる中瀬(なかぜ)は旧港時代の造船場の1つであったが、現在は石ノ森萬画館や旧石巻ハリストス正教会会堂などが建つ、石巻市民の憩いの場ともなっている。

詳しくは、石巻Wikiにて

posted by まきいしねっと | CH01:石巻の紹介

石ノ森萬画館の紹介



石巻駅から約1kmの場所にあり、駅から立町大通りにでたら009のモニュメントのある左手側のマンガロードへ案内標識にしたがって橋通り商店街を経由し、内海橋に出れば北上川に浮かぶ中瀬に石ノ森萬画館が見えてくる。
宮城県石巻市、北上川河口に浮かぶ中瀬に石ノ森萬画館があります。
中瀬を空から見た地形がN.Y.州マンハッタンに似ていることから”マンガッタン”と名付けられました。
マンガのもつ特性である創造性、メディア性、そして国際性などを通して、豊かな感性、創造力を育む場となることを基本目的とし、また市民が集い、交流できる「マンガで結ばれる街ステーション」施設としての役割も担っている。
さらにマンガ文化・地域(日本)文化の発信基地として世界を鑑みた交流拠点をめざしている。
館内には「アミューズメント性」と「動き」のある展示、常設展示の他に企画展示室、オリジナルアニメシアター等の他、 アニメの創作が実体験できるマルチメディア工房が整備され、 その他館内外でのイベント、ワークショップ等が行われている。
また、グッズショップ「墨汁一滴」では仮面ライダー、サイボーグ009、ロボコンなどの石ノ森章太郎作品に関するオリジナルグッズを生産販売を行っており、他では絶対に市販されてない石ノ森萬画館に来館しなければ手に入らない完全独自生産のオリジナル商品の数々が販売されている。
カフェ「BLUE ZONE」は石ノ森章太郎の短編SFから名づけられ、期間限定でマンガにちなんだ様々なメニューが提供されている。

詳しくは、石巻Wikiにて
posted by まきいしねっと | CH01:石巻の紹介

金華山



金華山(きんかさん)は、宮城県石巻市の太平洋上に浮かぶ島のことであり、また、その島にある山のことである。
対岸の牡鹿半島との間に金華山瀬戸で隔てられている。


詳しくは、石巻Wikiにて
posted by まきいしねっと | CH01:石巻の紹介

網地島




網地島(あじしま)は、宮城県石巻市の沖合い仙台湾に浮かぶ有人島。宮城県石巻市に属する。

昔から牡鹿半島の先端近くの鮎川との関係が強く、常に同じ自治体に属してきた。島には、網地と長渡(ふたわたし)の2つの集落があり、昔からライバル意識が強く、現在でもその傾向は幾分残っているといわれている。


詳しくは、石巻Wikiにて
posted by まきいしねっと | CH01:石巻の紹介

ドキュメンタリー映画布施辰治(仮題)撮影模様

ドキュメンタリー映画布施辰治(仮題)撮影模様を公開します。

2009/11/15(日)
ドキュメンタリー映画「弁護士 布施辰治」(仮題)
場所:岡田劇場
エキストラ:約200名
運営ボランティア:12名
炊き出しボランティア:6名

posted by まきいしねっと | CH01:石巻の紹介

孫兵衛船競漕



昭和24年:久方振りに雨という天候のにより、花火大会や陸上競技が2日に順延してしまったが、孫兵衛船競漕の参加者は『雨など関係ない』とし、1時間遅れに開催されながらも、見物客は『みなと街』ならではと祭りを好評し、職場や一般家庭からの多くの参加者たちの応援団とともに多くの観客が大きく沸く、孫兵衛船競漕となった。


【引用】石巻wiki
posted by まきいしねっと | Comment(0) | TrackBack(0) | CH01:石巻の紹介

川村孫兵衛の墓所



川村孫兵衛の墓所はその昔川村孫兵衛家代々の墓所として十四代までの川村家累代の墓地である。
 初代川村孫兵衛重吉は、天正三年正月(一五七六年)長州阿武郡に生れ、慶長の初年(一五九六年)伊達政宗公に仕え、宮城郡に一時居を定めたが北上川河口付替工事のため当地に来て墳墓の地を此所に定め、政宗公、忠宗公の二世に仕え慶安元年(一六四八年)十月廿七日、七十四才で当地で没した、墓碑の法名は普徹聖公居士、妙徹禅定尼。と墓石に刻まれているが後年普誓寺普徹聖公居士、龍観院心源妙徹大姉。と追号された。
 普誓寺の開山は承應二年(一六五四年)で川村家二代目孫兵衛元吉が義父重吉の遺言で重吉の居宅を旧寺跡に移して建てられた菩提寺である。川村孫兵衛重吉は幼名を万五郎と言い珠算、和算の天賦にすぐれ、初めは毛利輝元に仕えたが、慶長五年関が原の合戦後近江の国、蒲生の地で天文、採鉱、土木等に長じた重吉の天分を政宗公の知るところとなり主従の約を結んで仙台へ来たのが重吉二十五、六歳の頃と言われる。
その時、任国への土産にと明石の黒松の種三駄を持参し海岸に防潮の林としたり亘理、鳥の海間の運河を手始めに仙台六郷の堰、冠川の疏通、孫兵衛堀若林城外濠、品井沼の潜穴、江戸四ッ谷上水、等の土木工事を手にがけ、特に元和九年(一六二三年)に着手した北上川河口付替工事は孫兵衛重吉の心血を注いだ畢生の、大事業であった。
 追波湾を河口としていた北上川を、江合川、迫川の二川を桃生郡神取の地で北上本流に合わせ鹿の又より石巻まで河道を掘り稲井真野川と共に石巻湾に流れを変えて石巻港を実現させたのが寛永三年(一六二七年)の事であった。孫兵衛夫妻の背後にある樒の古木は重吉翁埋葬のおりの記念樹である。

【引用】石巻wiki
posted by まきいしねっと | Comment(0) | TrackBack(0) | CH01:石巻の紹介

重吉神社



重吉神社は、伊達政宗に仕え、北上川を開削し、石巻繁栄の礎を築いた川村孫兵衛重吉が、生前の功労により大正期に正五位が追贈されたのを記念して創建された神社。
posted by まきいしねっと | Comment(0) | TrackBack(0) | CH01:石巻の紹介

巻石(まきいし)



石巻市の地名の由来になったという伝説を持つ岩です。

石巻港は北上川の河口にあるが、そこから500mくらいさかのぼった川岸近くにあります。

かつて、入江だった頃に、石の回りで潮が渦を巻いたそうです。

【引用】石巻Wiki
posted by まきいしねっと | Comment(0) | TrackBack(0) | CH01:石巻の紹介

SLホエール号の旅



石巻にSLがやって来た!
SLホエール号の車内からの様子を撮影しました。
posted by まきいしねっと | Comment(0) | TrackBack(0) | CH01:石巻の紹介

石巻の名所・施設巡り Part2




その他のコンテンツは、マキティで放映中です。
マキティには、コチラから
posted by まきいしねっと | Comment(0) | TrackBack(0) | CH01:石巻の紹介

石巻の名所・施設巡り Part1




その他のコンテンツは、マキティで放映中です。
マキティには、コチラから
posted by まきいしねっと | Comment(0) | TrackBack(0) | CH01:石巻の紹介

萬画館・サンファン館ガイド



萬画館・サンファン館の紹介です。
posted by まきいしねっと | Comment(1) | TrackBack(0) | CH01:石巻の紹介

石巻の心霊スポット



投稿者談:
一人でビクビク撮影してきました。
撮影当日は何もなかったのですが、後日車をぶつけました。
(怪奇現象でしょうか?)

信じるか信じないかは、あなたにお任せします。
でも、火の無いところに煙はたたぬと言いますよね。
posted by まきいしねっと | Comment(0) | TrackBack(0) | CH01:石巻の紹介

石巻ガイド



石巻と言えば?
街の人にラジオ石巻の松浦アナウンサーが突撃取材です!
posted by まきいしねっと | Comment(0) | TrackBack(0) | CH01:石巻の紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。